見積もり算出でプロマネの真価が問われる

Web制作の提案書で重要な位置を占める見積もり。プロジェクトを進めていくにあたり必ず必要となるのがお金(通常は制作に要する費用を指します)であり、企業としての利益の根幹をなすものでその算出には非常に神経を使うものです。

この見積もりに関連する要素となるのが実際に予想されるコストであり、その根拠とされるのがスケジュール概要であり、依頼者から提示される予算。

大前提は予算内に収めることですが、そのために最初にはじき出した見積もりが満足されていないのであれば、再度制作方法などの見直しが行われます。

ここで判断を誤ると努力したにもかかわらず赤字という最悪の結果を招きかねないまさにプロジェクトマネージャーの真価が問われるものと言っても過言ではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップ