スマートフォンと社会の変化

日本で、 iPhone が発売されたのは、2008年頃になります。その後爆発的に、日本社会の中で、スマートフォンが、普及し始めました。日本だけではなく、世界中での人々が、スマートフォンに夢中になっているのです。パソコンから、比較すると、画面は大変コンパクトですが、持ち歩きに大変便利なこともあり、ネット情報を受信するにも、配信するにも、場所を選ばないということから、その身に離さず持ち歩く人々の姿が、世界中で見られるようになりました持。ち歩ける、まさに「個人メディアであるな」どとも言われ、スマートフォンは、それまでは通話が中心であった携帯電話が、ネット情報を双方向にやり取りする通信機器となったのです。スマートフォンの出現で、様々なメディア媒体のありがたや、マーケティングに関しても、大きくその価値が変化してきました。多くの人々が Google の検索エンジンなどからキーワードを入力して、必要な情報などを入手していますが、この検索エンジンなどからえられるマーケティング情報などが、 SEO などにも活用され、様々なネットビジネスも活発化しています。さらに、アプリの登場などによって、それまではブラウザ情報を活用していた人々も、ピンポイントで必要な特定のネットサービスを、利用できるまでに至ったのです。最近では、位置情報などと連動して、様々な各地域の情報提供なども受けられるようになっています。また、このスマートフォンの人々の利用状況などにもよって、マーケティングの手法などの流れも変わってきているようです。

スマートフォンと人々のライフスタイルの変化

これまでは、パソコンを主に使っていたネットユーザーたちも、スマートフォンを利用するようになってから、ネットでの情報のやり取りの主な時間を、スマートフォンの操作でおこなっているようです。実際に、パソコンとスマートフォンを使い分けしている人々もいるようですが、今まで以上に、パソコンに向かう時間が減ってしまったというような人は多いようです。スマートフォンは画面は、大変コンパクトにできているのですが、パソコンでネット情報を閲覧するのと、ほぼ同じ状況で、使用することができますが、さらにプラスアルファとして、どこにでも持ち運びができるということで、ネットユーザーたちの居場所や、環境を選ばずに、操作が可能なことが多くの人々に支持される理由の一つであるようです。「持ち歩けることのできる個人的なメディアである」などとも言われるスマートフォンは、自宅にいても、職場にいても、旅行先にいても、ネット通信の環境さえあれば、情報をやりとりしたり検索したりすることが、自由なスタイルで楽しめるようになったのです。スマートフォンの発明は、世界中においてネットサービスの大革命を起こしたと言っても良いかもしれません。最近の SEO などに関しても、それまではパソコン中心の対応であったことに加え、スマートフォン対応のウェブサイトの構築などが求められるようになりました。また、様々な情報の入り口として、アプリなどの登場がさらにネット社会のあり方を変化させているようです。

人工知能とデータサイエンティスト

これまでデータ解析の専門家と言えば、真っ先にデータサイエンティストの名が挙がっていました。彼らは統計学や機械学の知識を活かして、データ線形をこなす能力があるからです。しかし現在は彼らの専門家としての地位が脅かされています。言うまでもありません、AIが台頭しているからです。元々金融界の花形はトレーダーと呼ばれる人たちでした。2000年頃までは多くのトレーダーがニューヨークで働いていました。しかしAIがこなせる分析の幅が広がり始めると徐々にその人数が減少し、今では1社当たり数人も雇えば十分対応できる状況になっています。年輩のトレーダーは仕事にあぶれ、窮地に陥っているのです。そして、その後に続いて職を失い始めているのがデータサイエンティストなのです。サイエンティストはトレーダーの失脚後、しばらくはコンピューターの専門家として重宝されました。しかしAIはデータサイエンティストが手作業で試す多くのモデルを1度に処理することが出来るため、データ解析に罹る時間と費用が削減され、サイエンティストの居場所を奪いつつあるのです。確かにAIの導入には初期投資が必要ですが、そのコストはすぐに取り返すことが出来ます。今後はますますAIがデータ解析を担うようになるでしょう。既にウォール街の多くの会社では、知識を必要とする労働でさえ、その全てを機械が担うようになると予測しています。この現実を我々がどのように受け止めるかが、今後の人類の幸福の多寡に関わってきます。来るべき未来の姿を冷静に見通した上で、人間が出来ることを模索し、埋もれないように努力出来る人材だけが生き残れるように思います。

利用者の目的

インターネットで検索をしようと考える利用者の心理には、一般的に「目的」があると考えるのが普通と言えるでしょう。利用者はその目的を叶えるために必要であると連想される「キーワード」を入力し、検索結果を導くことになるでしょう。その検索結果から、より自信の目的達成を叶えられると感じられるサイトへ訪問するのが検索行動の一連の流れと言えるでしょう。有名な品物やお店のように、ある程度知名度があるものを検索する時は、その商品名やお店の名前をそのまま入力すれば良いと言えますが、偶然に街で見かけて気になったり、昔に流行ったもので正式名称を思い出せないといったような場合には「キーワード」を使って検索することになるため、キーワード設定というものが重要になってくると言われるのはこのためでしょう。利用者がいればいるだけキーワードの選択肢というのは増えるのは、人によってその目的が違うためであり、サイトを作る際やSEOなどで頭を悩ませている時には、一度利用者の心理に戻ってキーワードを考えることが大切かもしれません。もちろんオリジナルブランドなど、アピールポイントを押していきたいという気持ちも分かりますが、買ってもらうことを優先にするよりまずインターネット上で知ってもらうことが優先としてあげられるのではないでしょうか。検索結果になかなか反映されないという場合、こういった基本的なことを洗い出し、どんな目的を達成するためにあるサイトになりたいかという点をもう一度明確にすることが大切なのではないでしょうか。キーワードの設定により、目的達成への道標を作ってあげるというのも大切なSEOと言えるでしょう。迷った時は、類似品を取り扱っている会社のサイトなどと見比べてみても良いでしょう。キーワードを様々入力し、実際にどういった検索結果が表示されているのかを調べてみるのも面白いのではないでしょうか。情報をただ発信するだけではなく、投げ方を変えてみて変化を見るというのもら大切なSEOの方法と言えるでしょう。

SEOの失敗例もメリットに

皆さんが SEO 対策に関して、顧客アップなどを望んだ際には、皆さんの運営されるウェブサイトなどを通じて、訪れるお客様のニーズを、十分にリサーチする必要などがあるでしょう。 SEO 対策だけが、万全であっても、実際にサイトを訪れたお客様のニーズに沿った Web サイトなどが構築されていないのであれば、結局のところ、お客様は、ウェブサイトを素通りしてしまうというような可能性もあります。せっかくサイト上を訪れたお客様に、アピールできるチャンスが生まれたのですから、皆様のサイトは、十分で万全な形で、お客様をウエルカムしなくてはならないでしょう。その際には、システム的な修正や、サイトの構造上の問題などを、改善しなくてはならないと言ったようなケースがあるようですが、 皆さんの事業の成長を促すような形で、売り上げがアップしていくようなウェブサイトが、ブランディングされていくと良いですね。SEO対策を、成功に導くためには、数々の失敗例などを参考にして見ることも重要です 。

キーワード選定に考慮すべきこと

SEO対策にあっては、集客の基礎となるのが、キーワードの選定となるそうです。ゴールはあくまでも「成果」ということです。そのための「集客」と「アクション」を求めていかなければならないと思います。検索件数の多いキーワードを選定してからといって希望の集客を実現することは困難だといえるようです。もちろん希望の集客ができたとしても、「成果」につながる「アクション」をしてもらえなければ、SEO対策の意味がないといえると思います。十二分に検索件数のあるキーワードの中でも、より大きな成果を得るためのキーワードを選定するには、まず「集客」を実現させないといけないそうです。大きな集客というのは、長期間の継続が必要となってくるそうです。いくら多くの人が集客できたとしても、短期間で大きな集客というのは望めないと思います。長期間の集客ということを考えたら、持続的に検索してもらえるキーワードがいいのではないかと思います。キーワードの将来性というものに着目する必要があるということのようです。同じ集客を実現できるポイントとして、その対策に関する労力は小さい方が良いに決まっていると思います。またすでにそのキーワードの検索結果が強いサイトというのがあるかと思います。そんな競合他社を知っておくのも必要だそうです。ここで重要になってくるのがキーワードの「包含関係」というものだそうです。包含関係というものを考慮することで、一度に対策できるキーワードがとても多くなるそうです。包含関係を考慮することで、期待できる集客数の上限もかなりの数上げることができるそうです。そのためにも必ず「包含関係」を考慮するクセをつけておかないといけないそうです。

検索エンジンの普及と情報管理

皆さんが、「検索エンジン」を利用して、検索しているWeb情報への、他からのアクセス方法をご存知ですか?たいていの皆さんは、インターネットを使用して何か情報を得る際には、必ず、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用する事で、未知なる情報を得ていたのではないかと思われますが、直接的にURLを入力したり、他のWebサイトからのリンクを経由する事で、お目当てのWebまで辿り着くアクセス方法もあります。ですがやはり「検索エンジン」は気軽で簡単に素早く、情報を得る事ができるので、何事をする上でも、皆さんの生活をサポートしてくれるパートナーとなっているのではないでしょうか?「検索エンジン」がここまで、世界中の人々が使用するまでに至った理由には、「気軽」で「簡単」あるという事が重要であぁつたのではないかと考えています。そして、低コストである事も重要ですが、「素早い」といった点もかなり大きく影響していると考えています。現代における情報伝達の速さには、私自身は全く追いついていけていないのが現状なのですが、検索エンジンの情報処理の速さを体感する中で、人々がストレスを感じずに情報を得る事ができるという非現実的であった事柄が、現実化されている今に日々驚いています。検索エンジンが人々の生活になくてはならないものになる中で、SEO対策がサイト運営者の中で叫ばれてきました。Webサイトを運営する側でない限りは、全くもってどうでも良い事かもしれませんが、SEO対策によって、皆さんが使用する検索エンジンの結果が変わってくるとなると、皆さんは興味をもたれますか?実際は、TVであっても、新聞であっても、雑誌であっても、Webであっても、情報は管理されているのですから、皆さんが現場に直接出向いて取材活動をしない限り、情報は誰かに処理されてから伝達されているものなのです。検索エンジンの情報に多少なりとも影響を与えているのが、SEOと呼ばれる取り組みであります。職場で上司や会社に管理され、家庭でも妻に管理される中、膨大な情報達も管理に縛られているのかと思うと、親しみが湧いてきます。

集客を実現するキーワードとは

実際に集客がのぞめるキーワードを選定するにはどうしたらいいのでしょうか。キーワードの検索件数というのが、将来的にはなくなってしまうそうです。キーワードというのはある時突然検索件数があがることがあるそうです。例えば、ヨウ素剤という単語は、東日本大震災のときに検索されることが急激に増えた単語だそうです。けれど、その後、継続的に検索されるということはなかったそうです。キーワードによっては、その後の検索件数が大幅に変わってしまうものがあるそうです。将来にわたって検索されるキーワードかどうかも見極めて選定していかないといけないそうです。より効率的な集客をするためには、キーワードの包含関係というものを考えておく必要があるそうです。例えばデジタル一眼レフカメラという呼称を考えてみると、包含関係がわからない場合は、「一眼レフカメラ」か「デジタル一眼レフ」のどちらにしようかと迷ったりするそうです。けれど、選ぶべきなのは「デジタル一眼レフカメラ」だそうです。それには理由があって、「デジタル一眼レフカメラ」という言葉の中には「デジイチ」「デジ」でも「一眼レフカメラ」も含まれているからだそうです。ただ、キーワードの包含関係とういのを意識すると、今度は非常に長いキーワードを選定するような人が現れてしまうそうですが、そうなるとキーワードに対しての「占有率」というものに引っかかってくるので注意が必要だそうです。「一眼レフカメラ」というキーワードで対策をしたいときに、「一眼レフカメラ」ならば占有率は100%ですが、「デジタル一眼レフカメラ」となると11文字中の7文字となって占有率は約64%になってしまいます。これではSEO対策の効果は弱まってしまうそうです。

信頼を得られるサイトを作る

誰でも 情報を発信することのでき るインタ ーネ ッ ト上には、さ まざ ま な コ ン テ ン ツ が 存 在 し て い ま す 。 そ の 中 で 、 リ ピ ー タ ー を 獲 得し、 ほかのユーザ にも紹介されるような良質なコンテンツを掲載 してい る サ イ ト は 、 検 索 エ ン ジ ン の 検 索 結 果 で 上 位 に 掲 載 さ れ て い ま す 。

良質なコンテンツを掲載しているサイトに共通しているのは、「ユー ザーから信頼されている 」という点です 。ユーザーから信頼されてい るサイトとは、同じ情報が複数のサイトに掲載されていたとしても、

「あのサイトに掲 載 さ れ て い る 情 報 で あ れ ば 、 間 違 い は ない 」という 印象を与えるサイトであり、「ブランド」とも言える存在です。

ユーザーに信頼されるサイトを運宮するためには、正確な情報を掲 載することはもちろんですが、 コンテンツにおける表現の仕方にも工夫が必要です。

被リンクを集める施策

検索結果の表示順位をア ップさせるために、サテライトサイトを用意 し、 そのトップページからのリンク(被 リンク)をホームページに集めることが 重要です。この対策はペ ージを増やして順位をアップさせる コンテンツ対策に比べ、お金も時間も人手もかかるので、短期的、中期的に目標を定めてサテライトサイトを追加していきましょう。そのために は、ライバルサイトたちとどのくらいの差があるのかをしっかりと見極める ことが必要です。 サテライトサイトを作成してホームページに被リンクを集めるという施策は、その効果を把握すること ができます。 これらの指標は通常、SEOのための有料サービスを利用しない と調べることができませんがサービスを利用すると、 1日に 1サイトのみ調べることができます。

トップ