見積もり算出でプロマネの真価が問われる

Web制作の提案書で重要な位置を占める見積もり。プロジェクトを進めていくにあたり必ず必要となるのがお金(通常は制作に要する費用を指します)であり、企業としての利益の根幹をなすものでその算出には非常に神経を使うものです。

この見積もりに関連する要素となるのが実際に予想されるコストであり、その根拠とされるのがスケジュール概要であり、依頼者から提示される予算。

大前提は予算内に収めることですが、そのために最初にはじき出した見積もりが満足されていないのであれば、再度制作方法などの見直しが行われます。

ここで判断を誤ると努力したにもかかわらず赤字という最悪の結果を招きかねないまさにプロジェクトマネージャーの真価が問われるものと言っても過言ではないでしょう。

スケジュールは時系列に情報を書き出す

Web制作向け提案書作成を疑似体験してみましょう。提案書には必須となるスケジュールの作り方にも常道があります。

全体の作業の流れをまずつかんだうえで、その規模内容によって、どのくらいの作業ボリュームとなるかを判断していきます。

さらに自社の作業内容のみならず、クライアントを交えた打ち合わせもどのタイミングでどのように行うべきかまで知っておく必要もでてきます。

クライアントとの接触が必要となる場面として、要件定義完成間近の読み合わせであったり、設計完了までのデザイン確認や原稿の入手、おおよその制作完了が見えてきたところでのテストの確認、そして最後の公開前の最終チェックなどが考えられます。

一通り書き込みが完了した時点で再度見直しが行われます。ここでチェックリストを作成しておくのも効果的です。

キーワードの組み合わせ

SEO対策のキーワードは幾つも用いますから、当然その組み合わせは何通りも出来上がります。簡単な階層構造となっており、メインワードと関連ワードとに分かれています。

関連ワードは考えられるだけ用意して、各々のワードに応じたページを作成し、それらのページを上手く纏めたサイトを構成することで、より効果的な集客が望めます。下手な業者であれば、トップページを見栄えの良いものにして、サブページとキーワードとの結びつきを疎かにしてしまうことがあります。

しかしそれでは全く意味がありません。キーワードの組み合わせを何通りも考えるのは、初心者であれば簡単な仕事ではありません。コツとしては、対象とする客の属性ごとに分類し、またその属性自体も幾つか用意することが挙げられます。

サイト開設の目的に向けて

WEBサイトを運営するなかで大きな壁にぶつかることもあれば、日々小さなつまづきをみつけることもあるでしょう。サイト運営は継続することで、様々な課題や改善点がみつかることから成果がうまれてくるのです。

SEOの方法論などに沿って集客を目的としたWEBサイトを開設される方々の多くが、アクセス数の伸び悩みなどを抱えていらっしゃるようです。お悩みを抱えたサイト運営者たちが行きつく先は、サイト運営に関するストレスが膨らむばかりと言えるのではないでしょうか。

成果のあがらないWEBサイトは、管理・運営にともなう経費ばかりが発生する赤字広告とも言えるでしょう。WEBサイトの成果をアップさせる運営・運用法をサイト開設における目的に沿って考えてみましょう。

WEBサイトの良質なコンテンツとは

WEBサイトを運営するなかで「質の高いコンテンツ」とはどのような要素を示しているのでしょうか。SEOの成果を長期間、安定的に保持するためには、良質なコンテンツ情報が必要不可欠であると考えられているようです。

対策の基礎を紐解いていきますと、そこには内部対策、外部対策、環境対策などといった各方面の取り組みに必要な項目が浮かび上がるようですが、良質なコンテンツづくりは「内部対策」の一環として位置されているようです。

さらには「内部対策」「外部対策」「環境対策」などといった項目とともに重要視されている要素として、長期的かつ継続的な運用が述べられています。

WEBサイトを開設したきり更新やメンテナンスを行っていないサイトは、SEOの効果が半減してしまうなどとも言われております。

目標ページのコンテンツを考える

目標ページ同士は、グローバルメニューで相互リンクの状態になるのがリンク構造的には理想の形です。外部ドメインからの被リンクは、目標ページに集めましょう。トップページに集めるのではなく、目標ページに集めるのがポイントとなります。アンカーテキストも目標キーワードを含めたテキストで被リンクしてもらいましょう。WordPressには、ページを構築するテンプレートという仕組みがあります。これは、SEOに強い理由の一つです。目標ページの文字数は、500文字以上のオリジナルのテキストにします。住所や地名、値段などはカウントしないので注意しましょう。目標ページは、5〜6%程度のキーワードの出現率を目指していきましょう。他の目標キーワードが高くならないようにします。目標キーワードはタグなどのタイトルに含めましょう。

アクセス解析ツールについて

Googleは無料でアクセス解析ツール・Google Analyticsを提供しています。Google Analyticsを使えば目標キーワードの訪問者や、目標ページとサブページの回遊などを分析できます。アクセス解析は、Google Analyticsに自分のウェブサイトを登録します。Googleのアカウントでログインして、お申込みボタンをクリックしてください。ウェブサイト名、ウェブサイトのURLなど、必要情報を入力してください。Google Analyticsの利用規約に同意します。トラッキングコードが生成されます。生成されたトラッキングコードを全てドラッグしてコピーしてください。生成されたトラッキングコードをタグの直前、またはタグの直前にペーストしてください。

身内のアクセス解析は楽しくない

せっかくブログを作ったのに、アクセスが少なくてアクセス解析が楽しくないという人はとても多いもの。自分の身内や自社の営業マンぐらいしか見ていないような数字だと、アクセス解析をしても意味がないと感じます。しかし、適切な目標キーワードで上位表示を獲得することで、アクセス数は確実に伸びます。それはビジネスサイトでもショッピングサイトでも同じことです。複数の目標キーワードで上位表示を獲得すると、もっともっとアクセス数が伸びるわけです。アクセス数が伸びるとアクセス解析が楽しくなります。アクセス解析のアクセス数というのは、分析の基本である「大きさ」です。アクセス数が増えれば増えるほど、分析の精度は上がります。アクセス数が増えたというのは、打った手の効果が出ているということ。コンバージョンの改善が確かなもになります。

ノースクリプトスパム

ブログパーツや無料アクセス解析サービスに仕込まれていることが多いのが、このの不正使用です。無料のサービスの利用案内に、「このソースをコピーして貼ってください」という説明文を見たことがありませんか?実はこのソース内にキーワードや隠しリンクがふくまれていることがあるので、注意してソースを見てください。手口としては、「キーワードの詰め込み」「1ピクセルの画像を読み込ませてリンク」「テキストリンク」等をの中に入れるというものです。JavaScriptを使っていての正しい使い方をすればよいのですが、スパムの場合は、無料とはいえ、利用者にリンクが含まれていることを説明していない場合がほとんどです。検索サイトにしてみれば、閲覧者には見えなくて、クローラーには読み込めるということが気に入らないようです。JavaScriptを使っていないのに、を使うのは論外でしょう。

e-ビジネスと社会的な格差を考える

「e-ビジネス」と一言で述べましても、簡単にその組織図を解説できる人は一握りとなってくるでしょう。大手IT関連企業に所属している人であっても、その仕組みの全容を説明できるスペシャリストたちは極限られた人々であると考えられているようです。e-ビジネスは、インターネットを利用することで商品やサービスを販売する活動を示しておりますが、昨今はネットマーケティングやSEO対策も含め、e-ビジネスでの成功を導き出すためのノウハウは、専門知識をもつスペシャリストたちの手を借りない限りは、なかなか陽の目をみることができないような状況ともなっているようです。世界的にも多くの人々が知るところによおるGAFAなどの巨大なIT産業は、e-ビジネスにおける所謂独占的な形での成功をおさめていることから、彼らのビジネスにおける成功そのものが社会的な問題として取り上げられるまでになりつつあるようです。一部の特殊技能や知識を持ち合わせている人々だけが、e-ビジネスで成功できるような社会のしくみなかでは、人々の生活にも大きな格差が生れはじめてしまうような大きな懸念材料ともなっているのです。日本では1997年にインターネットを利用した販売サービスが大手ECサイトの立ち上げとともに開始されましたが、GAFAと呼ばれる世界的な巨大産業のなかのAmazonの創業は、それよりも3年ほど前にスタートしたと言われております。皆さんは、この3年の差が生み出した産業の成長度合いの差をどのように考えていらっしゃいますでしょうか。その間にe-ビジネスに大きな影響を与えてるソーシャルメディアなども大きな成長をみせるとともに、私たちの身の回りにもモバイル型のデジタルデバイスが数多く登場するようになり、時代はスマートフォンなどのデジタルデバイスを活用する人々の生活習慣をベースに様々なe-ビジネスへの戦略が練られているようです。e-ビジネスにおける市場規模は、今後さらなる飛躍を遂げるであろうと考えられておりますが、そこには常に「お客さまニーズ」と呼ばれる需要へのサーチ力が試されているようです。
トップ