ノースクリプトスパム

ブログパーツや無料アクセス解析サービスに仕込まれていることが多いのが、このの不正使用です。無料のサービスの利用案内に、「このソースをコピーして貼ってください」という説明文を見たことがありませんか?実はこのソース内にキーワードや隠しリンクがふくまれていることがあるので、注意してソースを見てください。手口としては、「キーワードの詰め込み」「1ピクセルの画像を読み込ませてリンク」「テキストリンク」等をの中に入れるというものです。JavaScriptを使っていての正しい使い方をすればよいのですが、スパムの場合は、無料とはいえ、利用者にリンクが含まれていることを説明していない場合がほとんどです。検索サイトにしてみれば、閲覧者には見えなくて、クローラーには読み込めるということが気に入らないようです。JavaScriptを使っていないのに、を使うのは論外でしょう。

e-ビジネスと社会的な格差を考える

「e-ビジネス」と一言で述べましても、簡単にその組織図を解説できる人は一握りとなってくるでしょう。大手IT関連企業に所属している人であっても、その仕組みの全容を説明できるスペシャリストたちは極限られた人々であると考えられているようです。e-ビジネスは、インターネットを利用することで商品やサービスを販売する活動を示しておりますが、昨今はネットマーケティングやSEO対策も含め、e-ビジネスでの成功を導き出すためのノウハウは、専門知識をもつスペシャリストたちの手を借りない限りは、なかなか陽の目をみることができないような状況ともなっているようです。世界的にも多くの人々が知るところによおるGAFAなどの巨大なIT産業は、e-ビジネスにおける所謂独占的な形での成功をおさめていることから、彼らのビジネスにおける成功そのものが社会的な問題として取り上げられるまでになりつつあるようです。一部の特殊技能や知識を持ち合わせている人々だけが、e-ビジネスで成功できるような社会のしくみなかでは、人々の生活にも大きな格差が生れはじめてしまうような大きな懸念材料ともなっているのです。日本では1997年にインターネットを利用した販売サービスが大手ECサイトの立ち上げとともに開始されましたが、GAFAと呼ばれる世界的な巨大産業のなかのAmazonの創業は、それよりも3年ほど前にスタートしたと言われております。皆さんは、この3年の差が生み出した産業の成長度合いの差をどのように考えていらっしゃいますでしょうか。その間にe-ビジネスに大きな影響を与えてるソーシャルメディアなども大きな成長をみせるとともに、私たちの身の回りにもモバイル型のデジタルデバイスが数多く登場するようになり、時代はスマートフォンなどのデジタルデバイスを活用する人々の生活習慣をベースに様々なe-ビジネスへの戦略が練られているようです。e-ビジネスにおける市場規模は、今後さらなる飛躍を遂げるであろうと考えられておりますが、そこには常に「お客さまニーズ」と呼ばれる需要へのサーチ力が試されているようです。

クローラ用サイトマップ

クローラー用のXMLサイトマップは、検索エンジン各社はできるだけ多くのページをインデックスできるように、サイト運営者向けにクロールされやすくするためのサイトマップの標準規格を作っています。 sitemap.org にて規格化されたプロトコルを用いるのですが総称してXMLサイ トマ ップと呼びます。
Google 、Yahoo! の2大検索エ ンジンがXMLサイトマップをサポートしています。フォーマットにしたがってサイトマップファイルを作成し、それを検索各社が用意する専用の管理画面から登録するか、ルールにしたがった設定をサーバ上でおこなうことで、 利用可能になりま す。 Google はGoogleウェブマスターツールというサイト運営者向けのサービスから、 Yahoo! は「サイトエクスプローラ ー」 を利用します 。両者とも、 XMLサイトマップ以外に も様々な情報提供をおこな っているため、SEO対策を意識するなら利用は必須 !といえるほど大事なものです。
XMLサイトマップがどれだけインデッ クス成功率に貢献 しているかというとわからない部分もあるためです。つまり、とりわけXMLサイトマップに限って言えば余裕があるサイト運営者が使えば十分で、初心者の方や忙しい方が時間 を割いてまでやらなくていいと考えています。

去っていったお客様の声からのヒント

皆さんが、ネットビジネスを開設してから、どのくらいのお客様が去っていってしまったでしょうか。

実際に、商品を購入して頂いたにも関わらず、リピーターに至らなかったお客様の声というものに、皆さんは注目したことはありますか?

一度、アクションを起こし商品を、ご購入いただいたお客様は皆さんが、プロモーションする製品についての様々な感想や意見をお持ちでいらっしゃいます。

どうして、リピーターにならなかったのか、というような疑問を持つことは、大変重要な視点となるでしょう。

また、もし、お客様との接点が可能であるのであれば、どうしてリピーターとして商品の購入をしていただけなかったのかというような疑問点を、解決してみましょう。

そのようなお客様のデータから、得られる様々な分析結果や、コメントには、皆さんのネットビジネスに不足している成功の鍵が隠れているかもしれません。

また、そのような会員の解約をされたお客様や商品のリピーターとならなかったお客様からの声には、多くのネットビジネスの成功のヒントがえられるのではないでしょうか。

変化したSEO対策

「小手先」で成果が出る時代は終わりました。数年前まで「SEO」といえば、「大量の被リンクを貼る」「とにかくキーワードを埋め込む」など小手先の表面的な手法ばかりが叫ばれていました。そういった小手先の手法 がインターネ ット上に蔓延することで、検索をしている人の役に立たないwebサイトばかりが表示されるようになりました。そのため、Googleが検索した結果を掲載するための「検索アルゴリズム」に大幅な修正を加えることになりました。この大幅な修正により小手先の手法が横行するSEOの時代は終わりを告げました。 現在では、 webサイトを訪問した人にとって満足できるものであるかどうか、検索をしている人にとって役に立つかどうかが重要です。そのためwebサイトを訪問する人や検索をしている人をないがしろにする小手先の手法は現在の主流と逆行しているので、成果を出すことはできません。それどころか、 webサイトとして立ち直れないほどの痛手を追ってしまう可能性の方が高いのです。

Webライティング

Webライティングにおいて、ホームページもしくはブログで文字間を開けたい場合があります。こんなとき手っ取り早くしかも簡単にできるのは、空白を入れてしまうことでしょう。このやり方は、閲覧するユーザーには何ら問題ありませんが、検索エンジンのロボットに対してはどうでしょう。例えば、キーワードが文字「S」「E」「O」の3語からなる言葉「SEO」であれば、単に「S E O」と表示上は問題なくわかりますが、検索ロボットからみると、単に「S」「E」「O」としか判断してくれないため、検索クエリが「SEO」であった場合、まったく対象外となってしまい、検索結果上位はおろか、検索結果にさえ載ってこないでしょう。これは単純な例なのですぐ気が付くでしょうが、やはりリスク回避という意味で、単純に空白を入れるというのは、避けるべきでしょう。それでは、このような時どうすればいいかというとHTMLでの記述で対処できますので、その方法をご紹介します。例えば「SEO対策東京」という文章で「SEO対策 東京」としたい場合。「<span style=”letter‐spacing:2px;“>SEO対策</span>東京」と記述すれば。見た目と検索ロボットに対しての両立が可能となります。このように、つい安易な方法で文字修飾等考えてしまいますが、先のHTMLの記述で行う方法やCSSでも可能になる場合があります。いざというときすぐ使えるよう、日頃から慣れておくことをお勧めします。

正しい情報を発信していく

ブラックハットSEOが検索上位を締めていた時期もありましたが、パンダアップデートやペンギンアップデートなどでほとんど機能しなくなりました。現在はホワイトハットSEOやコンテンツSEOがメインになってきました。ホワイトハットSEOは、ユーザーの求める情報を正しく発信しているホームページを作る、まさしくホワイトなSEOと言えます。コンテンツSEOは、スモールキーワードを積み重ねることで地道に検索数を上げて、検索数の多いビッグキーワードを狙っていく方法です。ただキーワードをやみくもに出していくのではなく、ユーザーにとって有益な情報が盛り込まれていることが条件です。当然、一度きりではなく継続的な更新があることや、オリジナルの文章を使っていることなども大切になってきます。現在ではこのホワイトSEOやコンテンツSEOがメインとなっている会社が多く、きちんとした文章づくりに取り組んでいます。SEO業者は、会社に変わって専門的なホームページ作成を行っています。しかし、例えばレストランのページを作っているとしても、専門的な料理や経営の知識があるわけではありません。良質なホームページを作るためには、レストラン側ときちんと連携を取って、正しい情報を発信していく必要があると言えるでしょう。依頼者側も情報提供をしなければいけませんし、SEO業者も情報を正しく扱ったホームページ作りをしなければなりません。検索アルゴリズムの精度が上がれば上がるほど、SEOを意識したホームページ作りの難易度も上がっていきます。手間も掛かってしまいますが、クオリティの高いページを運営できるように、費用や手間、時間などを惜しまずに、地道に続けて行きましょう。

スマートフォンと社会の変化

日本で、 iPhone が発売されたのは、2008年頃になります。その後爆発的に、日本社会の中で、スマートフォンが、普及し始めました。日本だけではなく、世界中での人々が、スマートフォンに夢中になっているのです。パソコンから、比較すると、画面は大変コンパクトですが、持ち歩きに大変便利なこともあり、ネット情報を受信するにも、配信するにも、場所を選ばないということから、その身に離さず持ち歩く人々の姿が、世界中で見られるようになりました持。ち歩ける、まさに「個人メディアであるな」どとも言われ、スマートフォンは、それまでは通話が中心であった携帯電話が、ネット情報を双方向にやり取りする通信機器となったのです。スマートフォンの出現で、様々なメディア媒体のありがたや、マーケティングに関しても、大きくその価値が変化してきました。多くの人々が Google の検索エンジンなどからキーワードを入力して、必要な情報などを入手していますが、この検索エンジンなどからえられるマーケティング情報などが、 SEO などにも活用され、様々なネットビジネスも活発化しています。さらに、アプリの登場などによって、それまではブラウザ情報を活用していた人々も、ピンポイントで必要な特定のネットサービスを、利用できるまでに至ったのです。最近では、位置情報などと連動して、様々な各地域の情報提供なども受けられるようになっています。また、このスマートフォンの人々の利用状況などにもよって、マーケティングの手法などの流れも変わってきているようです。

スマートフォンと人々のライフスタイルの変化

これまでは、パソコンを主に使っていたネットユーザーたちも、スマートフォンを利用するようになってから、ネットでの情報のやり取りの主な時間を、スマートフォンの操作でおこなっているようです。実際に、パソコンとスマートフォンを使い分けしている人々もいるようですが、今まで以上に、パソコンに向かう時間が減ってしまったというような人は多いようです。スマートフォンは画面は、大変コンパクトにできているのですが、パソコンでネット情報を閲覧するのと、ほぼ同じ状況で、使用することができますが、さらにプラスアルファとして、どこにでも持ち運びができるということで、ネットユーザーたちの居場所や、環境を選ばずに、操作が可能なことが多くの人々に支持される理由の一つであるようです。「持ち歩けることのできる個人的なメディアである」などとも言われるスマートフォンは、自宅にいても、職場にいても、旅行先にいても、ネット通信の環境さえあれば、情報をやりとりしたり検索したりすることが、自由なスタイルで楽しめるようになったのです。スマートフォンの発明は、世界中においてネットサービスの大革命を起こしたと言っても良いかもしれません。最近の SEO などに関しても、それまではパソコン中心の対応であったことに加え、スマートフォン対応のウェブサイトの構築などが求められるようになりました。また、様々な情報の入り口として、アプリなどの登場がさらにネット社会のあり方を変化させているようです。

人工知能とデータサイエンティスト

これまでデータ解析の専門家と言えば、真っ先にデータサイエンティストの名が挙がっていました。彼らは統計学や機械学の知識を活かして、データ線形をこなす能力があるからです。しかし現在は彼らの専門家としての地位が脅かされています。言うまでもありません、AIが台頭しているからです。元々金融界の花形はトレーダーと呼ばれる人たちでした。2000年頃までは多くのトレーダーがニューヨークで働いていました。しかしAIがこなせる分析の幅が広がり始めると徐々にその人数が減少し、今では1社当たり数人も雇えば十分対応できる状況になっています。年輩のトレーダーは仕事にあぶれ、窮地に陥っているのです。そして、その後に続いて職を失い始めているのがデータサイエンティストなのです。サイエンティストはトレーダーの失脚後、しばらくはコンピューターの専門家として重宝されました。しかしAIはデータサイエンティストが手作業で試す多くのモデルを1度に処理することが出来るため、データ解析に罹る時間と費用が削減され、サイエンティストの居場所を奪いつつあるのです。確かにAIの導入には初期投資が必要ですが、そのコストはすぐに取り返すことが出来ます。今後はますますAIがデータ解析を担うようになるでしょう。既にウォール街の多くの会社では、知識を必要とする労働でさえ、その全てを機械が担うようになると予測しています。この現実を我々がどのように受け止めるかが、今後の人類の幸福の多寡に関わってきます。来るべき未来の姿を冷静に見通した上で、人間が出来ることを模索し、埋もれないように努力出来る人材だけが生き残れるように思います。

トップ