検索エンジンの普及と情報管理

皆さんが、「検索エンジン」を利用して、検索しているWeb情報への、他からのアクセス方法をご存知ですか?たいていの皆さんは、インターネットを使用して何か情報を得る際には、必ず、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用する事で、未知なる情報を得ていたのではないかと思われますが、直接的にURLを入力したり、他のWebサイトからのリンクを経由する事で、お目当てのWebまで辿り着くアクセス方法もあります。ですがやはり「検索エンジン」は気軽で簡単に素早く、情報を得る事ができるので、何事をする上でも、皆さんの生活をサポートしてくれるパートナーとなっているのではないでしょうか?「検索エンジン」がここまで、世界中の人々が使用するまでに至った理由には、「気軽」で「簡単」あるという事が重要であぁつたのではないかと考えています。そして、低コストである事も重要ですが、「素早い」といった点もかなり大きく影響していると考えています。現代における情報伝達の速さには、私自身は全く追いついていけていないのが現状なのですが、検索エンジンの情報処理の速さを体感する中で、人々がストレスを感じずに情報を得る事ができるという非現実的であった事柄が、現実化されている今に日々驚いています。検索エンジンが人々の生活になくてはならないものになる中で、SEO対策がサイト運営者の中で叫ばれてきました。Webサイトを運営する側でない限りは、全くもってどうでも良い事かもしれませんが、SEO対策によって、皆さんが使用する検索エンジンの結果が変わってくるとなると、皆さんは興味をもたれますか?実際は、TVであっても、新聞であっても、雑誌であっても、Webであっても、情報は管理されているのですから、皆さんが現場に直接出向いて取材活動をしない限り、情報は誰かに処理されてから伝達されているものなのです。検索エンジンの情報に多少なりとも影響を与えているのが、SEOと呼ばれる取り組みであります。職場で上司や会社に管理され、家庭でも妻に管理される中、膨大な情報達も管理に縛られているのかと思うと、親しみが湧いてきます。

集客を実現するキーワードとは

実際に集客がのぞめるキーワードを選定するにはどうしたらいいのでしょうか。キーワードの検索件数というのが、将来的にはなくなってしまうそうです。キーワードというのはある時突然検索件数があがることがあるそうです。例えば、ヨウ素剤という単語は、東日本大震災のときに検索されることが急激に増えた単語だそうです。けれど、その後、継続的に検索されるということはなかったそうです。キーワードによっては、その後の検索件数が大幅に変わってしまうものがあるそうです。将来にわたって検索されるキーワードかどうかも見極めて選定していかないといけないそうです。より効率的な集客をするためには、キーワードの包含関係というものを考えておく必要があるそうです。例えばデジタル一眼レフカメラという呼称を考えてみると、包含関係がわからない場合は、「一眼レフカメラ」か「デジタル一眼レフ」のどちらにしようかと迷ったりするそうです。けれど、選ぶべきなのは「デジタル一眼レフカメラ」だそうです。それには理由があって、「デジタル一眼レフカメラ」という言葉の中には「デジイチ」「デジ」でも「一眼レフカメラ」も含まれているからだそうです。ただ、キーワードの包含関係とういのを意識すると、今度は非常に長いキーワードを選定するような人が現れてしまうそうですが、そうなるとキーワードに対しての「占有率」というものに引っかかってくるので注意が必要だそうです。「一眼レフカメラ」というキーワードで対策をしたいときに、「一眼レフカメラ」ならば占有率は100%ですが、「デジタル一眼レフカメラ」となると11文字中の7文字となって占有率は約64%になってしまいます。これではSEO対策の効果は弱まってしまうそうです。

信頼を得られるサイトを作る

誰でも 情報を発信することのでき るインタ ーネ ッ ト上には、さ まざ ま な コ ン テ ン ツ が 存 在 し て い ま す 。 そ の 中 で 、 リ ピ ー タ ー を 獲 得し、 ほかのユーザ にも紹介されるような良質なコンテンツを掲載 してい る サ イ ト は 、 検 索 エ ン ジ ン の 検 索 結 果 で 上 位 に 掲 載 さ れ て い ま す 。

良質なコンテンツを掲載しているサイトに共通しているのは、「ユー ザーから信頼されている 」という点です 。ユーザーから信頼されてい るサイトとは、同じ情報が複数のサイトに掲載されていたとしても、

「あのサイトに掲 載 さ れ て い る 情 報 で あ れ ば 、 間 違 い は ない 」という 印象を与えるサイトであり、「ブランド」とも言える存在です。

ユーザーに信頼されるサイトを運宮するためには、正確な情報を掲 載することはもちろんですが、 コンテンツにおける表現の仕方にも工夫が必要です。

被リンクを集める施策

検索結果の表示順位をア ップさせるために、サテライトサイトを用意 し、 そのトップページからのリンク(被 リンク)をホームページに集めることが 重要です。この対策はペ ージを増やして順位をアップさせる コンテンツ対策に比べ、お金も時間も人手もかかるので、短期的、中期的に目標を定めてサテライトサイトを追加していきましょう。そのために は、ライバルサイトたちとどのくらいの差があるのかをしっかりと見極める ことが必要です。 サテライトサイトを作成してホームページに被リンクを集めるという施策は、その効果を把握すること ができます。 これらの指標は通常、SEOのための有料サービスを利用しない と調べることができませんがサービスを利用すると、 1日に 1サイトのみ調べることができます。

トップ