スケジュールは時系列に情報を書き出す

Web制作向け提案書作成を疑似体験してみましょう。提案書には必須となるスケジュールの作り方にも常道があります。

全体の作業の流れをまずつかんだうえで、その規模内容によって、どのくらいの作業ボリュームとなるかを判断していきます。

さらに自社の作業内容のみならず、クライアントを交えた打ち合わせもどのタイミングでどのように行うべきかまで知っておく必要もでてきます。

クライアントとの接触が必要となる場面として、要件定義完成間近の読み合わせであったり、設計完了までのデザイン確認や原稿の入手、おおよその制作完了が見えてきたところでのテストの確認、そして最後の公開前の最終チェックなどが考えられます。

一通り書き込みが完了した時点で再度見直しが行われます。ここでチェックリストを作成しておくのも効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップ