目標ページのコンテンツを考える

目標ページ同士は、グローバルメニューで相互リンクの状態になるのがリンク構造的には理想の形です。外部ドメインからの被リンクは、目標ページに集めましょう。トップページに集めるのではなく、目標ページに集めるのがポイントとなります。アンカーテキストも目標キーワードを含めたテキストで被リンクしてもらいましょう。WordPressには、ページを構築するテンプレートという仕組みがあります。これは、SEOに強い理由の一つです。目標ページの文字数は、500文字以上のオリジナルのテキストにします。住所や地名、値段などはカウントしないので注意しましょう。目標ページは、5〜6%程度のキーワードの出現率を目指していきましょう。他の目標キーワードが高くならないようにします。目標キーワードはタグなどのタイトルに含めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップ