e-ビジネスと社会的な格差を考える

「e-ビジネス」と一言で述べましても、簡単にその組織図を解説できる人は一握りとなってくるでしょう。大手IT関連企業に所属している人であっても、その仕組みの全容を説明できるスペシャリストたちは極限られた人々であると考えられているようです。e-ビジネスは、インターネットを利用することで商品やサービスを販売する活動を示しておりますが、昨今はネットマーケティングやSEO対策も含め、e-ビジネスでの成功を導き出すためのノウハウは、専門知識をもつスペシャリストたちの手を借りない限りは、なかなか陽の目をみることができないような状況ともなっているようです。世界的にも多くの人々が知るところによおるGAFAなどの巨大なIT産業は、e-ビジネスにおける所謂独占的な形での成功をおさめていることから、彼らのビジネスにおける成功そのものが社会的な問題として取り上げられるまでになりつつあるようです。一部の特殊技能や知識を持ち合わせている人々だけが、e-ビジネスで成功できるような社会のしくみなかでは、人々の生活にも大きな格差が生れはじめてしまうような大きな懸念材料ともなっているのです。日本では1997年にインターネットを利用した販売サービスが大手ECサイトの立ち上げとともに開始されましたが、GAFAと呼ばれる世界的な巨大産業のなかのAmazonの創業は、それよりも3年ほど前にスタートしたと言われております。皆さんは、この3年の差が生み出した産業の成長度合いの差をどのように考えていらっしゃいますでしょうか。その間にe-ビジネスに大きな影響を与えてるソーシャルメディアなども大きな成長をみせるとともに、私たちの身の回りにもモバイル型のデジタルデバイスが数多く登場するようになり、時代はスマートフォンなどのデジタルデバイスを活用する人々の生活習慣をベースに様々なe-ビジネスへの戦略が練られているようです。e-ビジネスにおける市場規模は、今後さらなる飛躍を遂げるであろうと考えられておりますが、そこには常に「お客さまニーズ」と呼ばれる需要へのサーチ力が試されているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップ