正しい情報を発信していく

ブラックハットSEOが検索上位を締めていた時期もありましたが、パンダアップデートやペンギンアップデートなどでほとんど機能しなくなりました。現在はホワイトハットSEOやコンテンツSEOがメインになってきました。ホワイトハットSEOは、ユーザーの求める情報を正しく発信しているホームページを作る、まさしくホワイトなSEOと言えます。コンテンツSEOは、スモールキーワードを積み重ねることで地道に検索数を上げて、検索数の多いビッグキーワードを狙っていく方法です。ただキーワードをやみくもに出していくのではなく、ユーザーにとって有益な情報が盛り込まれていることが条件です。当然、一度きりではなく継続的な更新があることや、オリジナルの文章を使っていることなども大切になってきます。現在ではこのホワイトSEOやコンテンツSEOがメインとなっている会社が多く、きちんとした文章づくりに取り組んでいます。SEO業者は、会社に変わって専門的なホームページ作成を行っています。しかし、例えばレストランのページを作っているとしても、専門的な料理や経営の知識があるわけではありません。良質なホームページを作るためには、レストラン側ときちんと連携を取って、正しい情報を発信していく必要があると言えるでしょう。依頼者側も情報提供をしなければいけませんし、SEO業者も情報を正しく扱ったホームページ作りをしなければなりません。検索アルゴリズムの精度が上がれば上がるほど、SEOを意識したホームページ作りの難易度も上がっていきます。手間も掛かってしまいますが、クオリティの高いページを運営できるように、費用や手間、時間などを惜しまずに、地道に続けて行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップ