スマートフォンと社会の変化

日本で、 iPhone が発売されたのは、2008年頃になります。その後爆発的に、日本社会の中で、スマートフォンが、普及し始めました。日本だけではなく、世界中での人々が、スマートフォンに夢中になっているのです。パソコンから、比較すると、画面は大変コンパクトですが、持ち歩きに大変便利なこともあり、ネット情報を受信するにも、配信するにも、場所を選ばないということから、その身に離さず持ち歩く人々の姿が、世界中で見られるようになりました持。ち歩ける、まさに「個人メディアであるな」どとも言われ、スマートフォンは、それまでは通話が中心であった携帯電話が、ネット情報を双方向にやり取りする通信機器となったのです。スマートフォンの出現で、様々なメディア媒体のありがたや、マーケティングに関しても、大きくその価値が変化してきました。多くの人々が Google の検索エンジンなどからキーワードを入力して、必要な情報などを入手していますが、この検索エンジンなどからえられるマーケティング情報などが、 SEO などにも活用され、様々なネットビジネスも活発化しています。さらに、アプリの登場などによって、それまではブラウザ情報を活用していた人々も、ピンポイントで必要な特定のネットサービスを、利用できるまでに至ったのです。最近では、位置情報などと連動して、様々な各地域の情報提供なども受けられるようになっています。また、このスマートフォンの人々の利用状況などにもよって、マーケティングの手法などの流れも変わってきているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップ