人工知能とデータサイエンティスト

これまでデータ解析の専門家と言えば、真っ先にデータサイエンティストの名が挙がっていました。彼らは統計学や機械学の知識を活かして、データ線形をこなす能力があるからです。しかし現在は彼らの専門家としての地位が脅かされています。言うまでもありません、AIが台頭しているからです。元々金融界の花形はトレーダーと呼ばれる人たちでした。2000年頃までは多くのトレーダーがニューヨークで働いていました。しかしAIがこなせる分析の幅が広がり始めると徐々にその人数が減少し、今では1社当たり数人も雇えば十分対応できる状況になっています。年輩のトレーダーは仕事にあぶれ、窮地に陥っているのです。そして、その後に続いて職を失い始めているのがデータサイエンティストなのです。サイエンティストはトレーダーの失脚後、しばらくはコンピューターの専門家として重宝されました。しかしAIはデータサイエンティストが手作業で試す多くのモデルを1度に処理することが出来るため、データ解析に罹る時間と費用が削減され、サイエンティストの居場所を奪いつつあるのです。確かにAIの導入には初期投資が必要ですが、そのコストはすぐに取り返すことが出来ます。今後はますますAIがデータ解析を担うようになるでしょう。既にウォール街の多くの会社では、知識を必要とする労働でさえ、その全てを機械が担うようになると予測しています。この現実を我々がどのように受け止めるかが、今後の人類の幸福の多寡に関わってきます。来るべき未来の姿を冷静に見通した上で、人間が出来ることを模索し、埋もれないように努力出来る人材だけが生き残れるように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップ