利用者の目的

インターネットで検索をしようと考える利用者の心理には、一般的に「目的」があると考えるのが普通と言えるでしょう。利用者はその目的を叶えるために必要であると連想される「キーワード」を入力し、検索結果を導くことになるでしょう。その検索結果から、より自信の目的達成を叶えられると感じられるサイトへ訪問するのが検索行動の一連の流れと言えるでしょう。有名な品物やお店のように、ある程度知名度があるものを検索する時は、その商品名やお店の名前をそのまま入力すれば良いと言えますが、偶然に街で見かけて気になったり、昔に流行ったもので正式名称を思い出せないといったような場合には「キーワード」を使って検索することになるため、キーワード設定というものが重要になってくると言われるのはこのためでしょう。利用者がいればいるだけキーワードの選択肢というのは増えるのは、人によってその目的が違うためであり、サイトを作る際やSEOなどで頭を悩ませている時には、一度利用者の心理に戻ってキーワードを考えることが大切かもしれません。もちろんオリジナルブランドなど、アピールポイントを押していきたいという気持ちも分かりますが、買ってもらうことを優先にするよりまずインターネット上で知ってもらうことが優先としてあげられるのではないでしょうか。検索結果になかなか反映されないという場合、こういった基本的なことを洗い出し、どんな目的を達成するためにあるサイトになりたいかという点をもう一度明確にすることが大切なのではないでしょうか。キーワードの設定により、目的達成への道標を作ってあげるというのも大切なSEOと言えるでしょう。迷った時は、類似品を取り扱っている会社のサイトなどと見比べてみても良いでしょう。キーワードを様々入力し、実際にどういった検索結果が表示されているのかを調べてみるのも面白いのではないでしょうか。情報をただ発信するだけではなく、投げ方を変えてみて変化を見るというのもら大切なSEOの方法と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップ