集客を実現するキーワードとは

実際に集客がのぞめるキーワードを選定するにはどうしたらいいのでしょうか。キーワードの検索件数というのが、将来的にはなくなってしまうそうです。キーワードというのはある時突然検索件数があがることがあるそうです。例えば、ヨウ素剤という単語は、東日本大震災のときに検索されることが急激に増えた単語だそうです。けれど、その後、継続的に検索されるということはなかったそうです。キーワードによっては、その後の検索件数が大幅に変わってしまうものがあるそうです。将来にわたって検索されるキーワードかどうかも見極めて選定していかないといけないそうです。より効率的な集客をするためには、キーワードの包含関係というものを考えておく必要があるそうです。例えばデジタル一眼レフカメラという呼称を考えてみると、包含関係がわからない場合は、「一眼レフカメラ」か「デジタル一眼レフ」のどちらにしようかと迷ったりするそうです。けれど、選ぶべきなのは「デジタル一眼レフカメラ」だそうです。それには理由があって、「デジタル一眼レフカメラ」という言葉の中には「デジイチ」「デジ」でも「一眼レフカメラ」も含まれているからだそうです。ただ、キーワードの包含関係とういのを意識すると、今度は非常に長いキーワードを選定するような人が現れてしまうそうですが、そうなるとキーワードに対しての「占有率」というものに引っかかってくるので注意が必要だそうです。「一眼レフカメラ」というキーワードで対策をしたいときに、「一眼レフカメラ」ならば占有率は100%ですが、「デジタル一眼レフカメラ」となると11文字中の7文字となって占有率は約64%になってしまいます。これではSEO対策の効果は弱まってしまうそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップ